小説「春の怪我」

下野 真久

1)「みさ子、あと2日で春だよ!」 カリンがうれしそうに顔をこっちに向けた。

「う、春ってにがて。」私は目を合わせないように、向こうを見た。

「なんで? みさ子ちゃん、花とか好きな人でしょう?」と、カリンがぶぜんとして言った。

そのとたん、ドアがガラッと開いて、6年3組の担任、ふじもと先生がスタスタ入ってきて、「みんな、休み時間はもうおしまいよ。 国語の本を出して60ページを開けてください!」と大声で言った。

私の名前は山数みさ子、6年3組のクラスの1人です。 親友のカリンが言ったとおり、春はにがて。なぜなら3年生の時、一番がっかりしたことがおきたから。クラスで ”私の夢”の絵をかかされて、私がべんごしの絵をかいたら、男の子から、「へただな。」と言われてきげんが悪くなった。その帰り、いきなりくしゃみが出て、病院に行ったら、花粉しょうになっていると言われた。

そして次の日は、しょうげきてきなことがおこった。かっていた犬が死んだ。ポチは私が一歳のときからとなりにいた犬だった。どんな時もいっしょにいた。もちろん、私が1歳の時、はじめての1歩をあるいて、ころんで泣いた時もポチはいた。ポチはいつも生きている間の1つだった。私は今まで泣かなかったように泣いた。その時に全部泣き出した。絵のことも、花粉のことも、ポチのことも全部。 それからずっと春の間なにもいやなことがおこらないようにしていた。

2)「次、中林さん、読んでください。」 ふじもと先生が言った。「はい。」中林さんが席を立って読む。

「山をこえたら、雲が見えてくる。その雲をこえて見ると、えいえんにつづく。」それは、私の耳に空気のように通っていった。窓を見たら、いきなりポチのことを思い出した。ポチの白い毛、茶色い目、いつも散歩に行く時ほえて走っている場面が、全部バーッとしゃしんのように流れ出した。

目がぼやけてなみだが出てるかんじがしたので、すぐ手でふいた。他の人がへんに私を見て、「どうしたの?」と聞いた。手をあげて、トイレに行きたい。と先生に言って歩いていった。かがみを見てたら後ろから黒いかげが見えた。後ろをさっと見ると、カリンだった。

「カリン、びっくりさせないでね!」私は言った。

「ごめん、みさ子がクラスでいきなり泣き出したから、先生にトイレに行っていいか聞いてきたの。もうへいき?」としんぱいそうに見た。少しほっとして、

「う、うん、だいじょうぶ。ただ目にゴミが入ったの。泣いてないし、なみだ一つもおとしてないし!」私はこまった顔をして言った。 カリンは1年生からずっと友達でいてくれて、すごくうれしい。クラスに戻って、私はポチのことをわすれてひっしに勉強した。

3) 学校からかえって、10分おかしを食べて、テニスのユニフォームにきがえた。

「みさ、あと15分で出るからね。ラケットはかべにおいとくから、あとは自分でしてちょうだい!」ママが台所から言った。

「はい。」と答えた。クラスについたらすぐじゅんびたいそうをして、コーチが子供たちをあつめた。

「みんな、さ来週は試合だから、今日はちゃんとれんしゅうしてください。」と言った。

この試合は、前のとちがい、もし1位になったら、県大会へ行ける。それを私はめざしている。

くつのひもを結んで、チームに入った。ボールを上に投げて、足を少し曲げて、いきおいよくガッと打った。ボールは、いんせきのように飛んで相手のほうにいった。15分たってから、練習試合をしたら私は勝った。

「やった!」と、水を飲んで友達に言った。

練習をしている時だった。ボールを打つとき、前に走ろうとして、ラケットを持って走ったら、こけて、落ちて足をくじいた。いっしゅん、ビリビリビリ!と、雷が外に落ちるように足に痛みが走った。すぐにコーチが走ってきて、立つのを手伝おうとすると、また同じ痛みが飛んできた。私はショックだった。なぜそんなことになるのか。

やっとお母さんが急いできて、病院に連れて行くと、

「あなたの足首はものすごくひねったようですね。それで筋肉を痛めたので、あと、、」

私は目を閉じた。いやだ。1週間にして。テニスの試合に出たい!お願い!

目を開けたら、

「あと2週間でひえてきます。だけどよく手当てしたら6日でよくなるかもしれません。」

と、先生が言った。お母さんが、

「みさ、良かったじゃない!試合、間に合うかもしれない。」と、うれしそうに言った。

「あら、お子さんはテニスをやっているんですか?」と先生は聞いた。

「はい、日本大テニスエリートに入っています。」お母さんは少しじまんするように言った。

「スポーツか。私は小さいころ野球をやっていて、いや、楽しかったなあ。 いろんな人たちと試合をするのは楽しかった。だけど、その楽しさは続かなかった。 チーム全体が、勝つためのチームワークと、友達の気持ちをすっかり忘れた。どんどん、みんながバラバラになり、私は一人になった。 静かなコーチが、ある日、私たちに、本当のチームワークと努力をしないと、どんなに練習をしてもよくならん!この本当の意味を分からずに、試合に勝っても、まるで新しい紙をゴミ箱に捨てるようなものだ!と、どなった。そのあと、みんなはめずらしく話し合い、最後の試合を勝って、その本当の勝つ強さを知ったのさ。だから、みさ子さんは、勝つだけでなく、ちゃんとチームワークと、努力を知ってたら、ぜったいケガはなおって、試合も勝てるかもしれませんよ。」と、先生は言った。

私とお母さんは、感心して聞いていた。この先生は大きな心を持っている。色々な経験をしたんだろう。私は思った。本当の強さ、チームワークと努力。それを頭に入れた。その後、先生にお礼を言って家に帰った。

4)次の日学校に行くと、みんなから、「だいじょうぶ?」と、さんざん言われたけど、ありがたく、カリンが誰もいない所に連れて行ってくれた。

「ありがとう、たすかる。」私はお礼を言った。

「ううん、いいよ。で、まだ言ってなかったけど、足どうしたの?」 カリンはたずねた。

「えーと、テニスして足くじいたの。6日から2週間でなおるって。それがあまり分からないの。試合、すごく出たい。だけど、ギリギリ最後の日まで練習出来ない、、、、。どうしよう。」私は不安そうに言った。

「試合が本当に自分に大事だったら、なんとかしなくちゃ!全部足にいいことをして、すぐになおさないといけないね。」カリンは、はげましてしてくれた。

「ありがとう。でも、そうは簡単じゃないかも。」と、私は言った。

5時間目、先生が国語のテストを返した。

「う、なんか、やな予感がする。」と、となりのリンちゃんが苦々しく言った。やっと、私にテストが返ってきた。もう少しで、しんそうが止まりそうだった。 10点。いつも、100点を取ってる中で、一番低い点だった。はっ、いけない!先週試合で勉強できなかったから、ぜんぜんテストの意味が分からなかった。と、私は落ち込んだ。後ろを見たら、かべ君が、テストを見てた。

「ちょっと、人のテスト見ないでちょうだい!」私はどなった。

「うわー、みさ子、クラスの上の子が10点だ!ありえない!」かべ君が大声で、びっくりしたように言った。

「かべ君!人の点数をかるがるしく大声で言わないの!」と、先生はしかった。

「ごめんなさい。」と、かべ君は下を向いて席に着いた。その後、ひそひそしてきた。

「えっ、本当?みんな100点取ったはずなのに。」とか、

「みさ子ちゃん、かわいそう。お母さんに、何て言われるかな?」いろんなところから聞こえた。最後は学校のうらから家に帰った。

今日はテニスを休んでいるから部屋にずっといた。部屋から出ないようにした。そうすると、お母さんからテストのことを聞かれなくていいから。だけど、とうとう来た。お母さんが部屋のドアを開けて、

「みさ、もう夜ご飯よ。あと、国語のテスト見せてちょうだいね。あとで。」と、言って出て行った。冷や汗が出た。どうしよう。もしテストを見られたら、そうとう怒られる。私は困って、「はー。」と、ため息をついた。しょうがない、テストはテストだからね。と、自分に言って立った。

「みさ、これはどういうことなの?いくらテニスをしても、成績が下がると、テニスやめさせるわ!」と、お母さんがどなって、テストを持った。

「わかってる。ただテニスの試合で遅くなったの。今度はいい点数をとるから。」私は言った。

「あー、つかれたわね。あとは自分でしなさい!」と、お母さんがプンプンして台所を出た。テストをいったん見て、テーブルにおいた。ご飯とおかずを食べたら、皿を洗って、部屋で宿題をした。

ベッドにやっとついたら、電気を消して、てんじょうを見た。窓のそばに車のライトがあたって、かべにうつった。どうしても眠れなかったので、窓を開けてうす暗い外の空を見た。星がきらきら光ってて、ダイヤのようだった。きっと、この星をとったら、ダイヤモンドのイアリングよりも、きちょうだろうな。と、私は気分よくなった。その時、空から星が流れてきた。

「この春は、いいことがおきますように。」私は、目を閉じて、すぐに言った。

5)「やった!春の始まり!」と、カリンがうれしそうに言った。

「あ、うん、そうだね。」と、言おうとしたら、いきなりくしゃみが出て、目がいたくなった。

「だいじょうぶ?少し目が赤いよ?」カリンが言った。

「うん、へいき。また、花粉のせいで、」と、またくしゃみをした。学校が見えてくると、カリンがまた、

「ねえ、春休みどこに行く?私ね、ハワイに行きたいの。だけど、パパとママが北九州に行くと決めてるから、ハワイは行けないの。みさ子はどこに行くつもりなの?」と聞いた。

「私はどこも行かないよ。テニスのクラスやじゅくがあるから、どこにも行く予定はない。」と、答えた。

「春って、気持ちいいね。鳥が鳴いて、花が咲いて、本当にいい時だけに、こういうことがおこるんだ。」と、カリンは少し走って、くるくる回った。花のくしゃみできげんが悪かったので何も言わなかった。

「春だ。うれしい!」と、またカリンが学校の帰りに言った。そして春のことばかり言っていた。それで、いきなり私が、

「いつも、春、春、春。分かってるから、他の話をしない?春って、私大っきらい。その話をしたければ、他の人に言えば?」と私は一気に言った。すぐに言ったあと、言わなければよかったと思った。カリンがおどろいた顔をしていた。

「じゃあ、いいわ。他の人と話するわね!」と、カリンは怒ってどこかにいってしまった。言わなきゃ良かった。私は、さみしくなり、くやしくなった。最近、悪いことが起きたのは、3年生の時と、同じパターンになっている。と、私は思った。そのとたん、

「わーっ!」と言った。どうしよう。もし3年生の時の春になったら、どうしよう。足もなおらない。カリンとも、もう友達じゃない、テニスに行けない。そして、他は何?足をまたくじく?と、全部頭の中に流れてきた。

6)その3日間、私はカリンとでなく、一人で学校を歩き回っていた。理科の教室に行こうとすると、

「ね、カリンちゃん、本当はみさ子と仲直りしたいんでしょう?」と聞こえた。6年1組のさとうきりこだった。あまり知らないけど、カリンと同じじゅくの子だった。

「わからないよ。みさ子とは、話が合わないから。」と、カリンが言った。そうか、もう私のことを友達とも思っていない。私はがっかりして、歩きはじめた。

そのあと、家に閉じこもって、ベッドにいた。もう、やだよう。カリンから嫌われて、かなしい。と、おちこんでいた。強くなりたいけど、何かが私を止まらせている感じだった。

7)次の日朝になったら、ベッドから出て、びっくりした。もう足が痛くなかった!うれしくて、お母さんに言ったら、

「あら、よかったわね。」と、不思議そうな顔をして、朝ご飯を作った。気合いがどんどん出てきて、今度こそ、カリンにあやまりたかった。

学校についたら、

「カリン、まって。」と言った。

「何?」少しつかれた顔をして、カリンが答えた。

「この前のこと、ごめんなさい。今度は、カリンの思ってる春のこときちんと考えるから。かってに嫌いと言って、ごめんね。」私は、どうどうと言った。

「私も、ごめんなさい。いつも同じこと言って。仲直りしよう。」と、カリンはうれしそうに言った。

8)「はい、みんな。最後の練習だからちゃんとがんばってくださいね。」と、テニスのコーチが、かくにんした。今度こそ、ぜったい、練習でも勝ってみせる。私は頭の中で言った。いつものように、私と、クラスのトップの子と練習試合が終わって、ボードを見ると、3−3だった。

「ナイス、ゲーム!」と言われて、うれしかった。ぜったい明日は勝ってみせる。胸の中が炎のように燃えていた。

9)試合の日が来た。耳からいろんな人の声が聞こえる。みんな上手な人だろうなーと思ったら、大まちがい、勝つことが出来ないくらい上手だった。カリンも見に来た。お母さんも、お父さんも、空の上から見ているポチも私を見ていた。やっと私の番がきて、1時間の間、つぎつぎと勝てた。

決勝戦に来た。隣の町の子だった。私よりもっと背が高く、手ごわく見えた。最初私がサーブをしたら、ボールが全然とどかなかった。3回ミスで調子が悪くなった。あと5分のこって、きんちょうしてきた。その時、お医者さんが言ったことを思い出した。”努力。”

最後に打ってみせる!相手がすごい早さで打った。そして、すばやく私も打ち返した。あと1分。私はあせった。10、9、8、またボールが来る。ラケットをパーン!とふった。

2、1、0!どうなったか分からなかったけど、最後に相手がボールをミスして、私が勝ったことになっていた。

「みさ子!がんばったね!」みんながほめて来た。この時、春にお礼を言った。この短い春の間、こんなにいろいろな出来事があって、もっと勇気が持てるようになってありがとう。と言いたかった。

10) 「ポチ、この間、いろんな出来事があったの。おうえんしてね。」と、私は目を閉じて、天国をイメージした。花をポチのおはかにおいたら、サクラが1つ地面におちた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>