カテゴリー別アーカイブ: 府川 耕大

小説 「自国を守れ」

府川耕大 (17歳)

2060年 6月26日
「パチパチパチ」とコンピューターのキーボードの音が部屋の中に響き渡る。数百台のコンピューターの前に一人づつ座り、真剣な表情でコンピュータースクリーンを眺めている。彼らの正体は、コンピューター中毒の人たちでは無く、政府の下で働く諜報員たちである。けれど彼らは単なる諜報員では無く、実の正体は国のために裏の戦争を戦うサイバー兵士達である。… 続きを読む